見つからない探し物はありませんか? —探し物見つけるアプリ「シャーロッくま」の使い方

シャーロッくま

「もうすぐ出発なのに、チケットがない」
「バッグにいれたはずの財布がみつからない」

そんな悩みを解決するために、シャーロッくまをつくりました。
シャーロッくまは、探し物を見つけるためのアプリです。

アプリはこちら →
https://www.tanakamotoki.com/sagasu

使い方は簡単です。

  1. 最後に見たところから、現在(落し物に気がついた瞬間)にいたるまで、どこを通ってきたのかをチェックを入れます
  2. 各場所で見つけられる自信度を、スライダーで入力します
  3. 落し物が一番見つかりそうな場所を推理します
  4. もし見つからなかった場合、「再度」調べると、一番見つかりそうな場所を推理します
  5. 見つかるまで、4を繰り返します

 

一発で落し物の場所を見つけるものではなく、何回か推理を繰り返し、徐々に落し物の場所を絞り込んでいくという動作をします。

落し物の場所を絞り込んでいく過程で使っているのが、ベイズの定理とよばれるものです。ベイズの定理を使い、落し物が見つかる確率を更新する一連の流れをベイズ推定といいます。

1968年、大西洋で原子力潜水艦スコーピオンが消息を絶ちました。捜索海域は広大であり、発見が困難かと思われました。しかし、ベイズ推定を使い、消息を絶ってから5か月後、海底で船体の一部が発見されました。

人の直感ではなく、統計的合理的に確率を計算して推理するところがシャーロッくまの”うり”です。